発芽玄米・酵素玄米炊飯器の選び方!3機種を徹底比較

『健康に良い』と言われ続けて、健康志向の方に人気の「発芽玄米」「酵素玄米」
どうせなら簡単に作れて、美味しくたべれる炊飯器が欲しいですよね!

発芽玄米炊飯器は、これから発芽玄米を食べようという方には、是非とも欲しいアイテムです。

ですが、発芽玄米炊飯器って普通の主婦の感覚からすると、結構高い!!
ほとんどの製品が5万円以上します。。

なので“どうせ買うなら一番いいものが欲しい”と考えて個人的に色々検討した結果をこの記事に整理しました!
これから購入しよう!っと考えて調べてこのページにたどり着いた人にはお役に立てる内容となっているかと思います。

 

3機種から比較することに

ちょっと調べてみたところ
すぐに候補として上がってきたのが、下記の3商品

  • なでしこ健康生活
  • CUCKOO New圧力名人
  • 酵素玄米Pro2(2018年8月製造終了)→酵素玄米LABO

この3つの人気商品を徹底的に調べた結果、
結論から言いますと、今では色々な炊飯器製品はありますが、性能は結構似たり寄ったり。甲乙つけがたいものが多いのです。そんな中で私が一番こだわったのは「電磁波」です!
毎日炊く炊飯器。食べる前から健康被害の高い炊飯器は購入したくないですよね。
一番電磁波が出ない炊飯器であると判明したためなでしこ健康生活」を購入!しました

性能比較

発芽玄米炊飯器3機種の基本性能比較一覧表

比較を行ったのは、発芽玄米炊飯器の大手製品である以下の3機種です。

  • なでしこ健康生活
  • CUCKOO New圧力名人
  • 酵素玄米Pro2(2018年8月製造終了)→酵素玄米LABO

発芽玄米炊飯器をお探しの方は、ほぼ必ずこの3機種のどれかにたどり着きます

それほど知名度と性能に優れた製品たちです。

それでは、まず各機種の性能をリスト化してみましょう。


なでしこ健康生活

CUCKOO New圧力名人

酵素玄米Pro2

酵素玄米LABO
保証期間 5年
公式ショップのみ)
3年 3年
(2018年8月製造終了)
※修理は他社に業務委託(保証内容は不明)
1年
※酵素玄米pro2開発者企画製品
発芽時間 2/4/6の3種類 4/6の2種類 4/6の2種類 発芽機能なし
蒸気漏れ技術 ダブルパッキン
(特許取得)
シングルパッキン シングルパッキン シングルパッキン
炊飯技術 円熟炊き スマートアルゴリズム 不明 不明
コードの長さ 1.62メートル 1.35メートル 1.5メートル 1.5メートル
電気代1時間あたり
(調査機関)
0.71円 0.95円 0.82円 0.72円
炊飯量(白米) 最大6合 最大6合 最大5.5合 最大6合
炊飯量(発芽玄米) 最大4合 最大4合 最大4合 最大4合
1時間当たりの保温電力 26.22wh/h 35wh/h 30.5wh/h 27.8wh/h
炊飯器圧 1.8 1.8 1.8 1.8
自動洗浄機能 あり あり あり あり
内窯(内) ダイヤモンドコーティング ダイヤモンドコーティング フッ素コーティング フッ素コーティング
内釜(外) フッ素コーティング チタンコーティング フッ素コーティング フッ素コーティング
圧力装置 マイコン(←磁波が少ない! IH マイコン(←磁波が少ない! マイコン(←磁波が少ない!
電磁波の量
1回あたりの炊飯電気代 5.1円 4.9円 4.19円 4.63円
保温時1時間あたりの電気代 約0.6円 約0.6円 約0.7円 約0.7円
保温技術 熟成保温プログラム 手動で温度調整 手動で温度調整
保温温度 69~80℃ 69~80℃ 69~76℃ 68~75℃
生産工程 企画・設計・検品・出荷は日本 韓国 企画のみ日本(他は韓国) 企画のみ日本(他は韓国)
販売価格 ¥59,800+税
¥64,584(税込)
¥59,800+税
¥64,584(税込)
¥60,000+税
¥64,800(税込)
¥68,000+税
¥73,440(税込)
総販売数 10万台突破 3万台突破 販売数不明 販売数不明
公式サイト 製造終了

上記で4つの製品を比較しておりますが、「酵素玄米Pro2」は2018年8月製造終了(メーカー:ふじ酵素玄米キッチンホームページ掲載)してしまい、そのあとの引き継いだ製品「酵素玄米Labo」になっておりますので、実質3つ。
(「酵素玄米Labo」生産は「酵素玄米Pro2」と同じ韓国メーカー(CUCHEN)で製造のようです)
※韓国モデル:CUCHEN 「CJS-FD1011RV」は10合炊(韓国で3万円台で販売されている製品です。酵素玄米Laboはこちらの製品の6合炊バージョンのようですね。)
※CUCHEN(韓国)製品には「発芽炊飯機能」は搭載されていません。
(詳しく調べたところ、以前は「活性玄米」などの発芽炊飯機能を搭載していましたが現在は他社メーカー特許侵害により搭載できないようです。)

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=https://www.mk.co.kr/news/business/view/2013/11/1112766/&prev=search

※韓国で販売されている同製品の取扱説明書の中にも「発芽炊飯機能」はありませんでした。
※外部構造、内部構造、素材、同梱されているしゃもじ、カップまですべて同じ。CUCHENのOEM製品でした。

はたして玄米の予約炊飯機能で発芽玄米が炊けるのか実際に調査してみました。

発芽玄米の必須栄養素であるGABAがまったく増えず、アブシジン酸も若干残っていました!

栄養成分の比較
(100g当たり)
A:なでしこ健康生活
(公式サイト参照)
B:酵素玄米LABO
分析試験項目 白米 玄米 発芽玄米
(4時間発芽炊飯)
発芽玄米
(5時間後予約炊飯)
B/A
たんぱく質 6.1g 6.8g 4.8g/100g 2.8g/100g 58%
脂質 0.9g 2.7g 2.4g/100g 1.6g/100g 67%
ギャバ 1.5mg 7mg 22mg/100g 7mg/100g 32%
カルシウム 5mg 9mg 9.4mg/100g 6.5mg/100g 69%
マグネシウム 23mg 113mg 92.9mg/100g 57.4mg/100g 62%
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg 0.32mg/100g 0.14mg/100g 44%
食物繊維 0.08mg 0.41mg 2.6g/100g 1.8g/100g 69%
アブシジン酸 0.5mg 3.0mg 0.00ppm 0.02ppm
栄養成分の比較
(100g当たり)
圧力鍋
3日目
A:なでしこ健康生活
(公式サイト参照)
B:酵素玄米LABO
分析試験項目 酵素玄米
(4時間発芽炊飯/保温3日目)
酵素玄米
(酵素玄米炊飯/保温3日目)
B/A
直接還元糖 0.10g/100g 0.18g/100g 0.05g/100g 28%

※調査検体:H30年産玄米(天日干し・福井県産コシヒカリ)

外部分析機関による検体調査結果

CUCHEN 「CJS-FD1011RV」

また、「酵素玄米Pro2」には下記のような書き込みがあります。

「酵素玄米Pro2」カスタマーレビュー(AMAZON)

上記のような書き込みの入ってしまう製品だから、製造終了になってしまったのでしょうか・・・
その「酵素玄米Pro2」と同じ製造元の「酵素玄米Labo」の購入を検討する際は、カスタマーレビューなどをしっかり読んで、じっくり検討したうえでの購入をオススメします!
「酵素玄米Labo」カスタマーレビュー(AMAZON)

発芽時間

「発芽時間」でなでしこ健康生活が一歩リードか

ファミリー層にとって重要な「炊飯量」や、おいしくご飯を炊くための目安となる「炊飯気圧」。このあたりの炊飯器の基本的な性能面では、3機種ともにほぼ横並びです。

ただし、発芽玄米炊飯器ならではの「発芽時間設定」においては、他社が4時間と6時間モードの2種類しか搭載していない点に比べて、なでしこ健康生活では「2時間」モードを搭載しています。

家事に仕事にと忙しい現代人にとって、「時間の価値」は何物にも代えがたいものがありますよね。うっかり炊飯を忘れた時なども、2時間炊飯ならササッとカバーする事ができるでしょう。2時間モードの存在はちょっとした機能のように見えて、実はとても有難い存在です。

急いで用意したい!早く食べたい!ってことがある方は、「なでしこ健康生活」がオススメですね!

炊飯技術

各社の独自技術が光る「炊飯技術」を比較

炊飯器の核心部分ともいうべき「炊飯技術」。美味しさの成否に直結する部分なので、とても気になりますよね。
炊飯技術に関しては、なでしこ健康生活の「円熟炊き」New圧力名人の「スマートアルゴリズム」が、独自性を生み出しています。

[なでしこ健康生活]
円熟炊き
発芽中の玄米にしっかりと吸水させ、水中に溶けだした甘味を利用して1.8気圧もの高圧炊飯を行う。その後、急速減圧時に起きる圧力差を利用してご飯をかき混ぜるというもの。甘味と美味しさが大きく増す。
[New圧力名人]
スマートアルゴリズム
炊飯時にかける圧力を電子制御し、時間ごとにお米が最も美味しく炊ける状態に自動調整する。電気代の抑制と味の向上に大きな効果。

どちらも甲乙つけがたい性質を有しており、他の炊飯器の追随を許しません。

円熟炊きは“味に特化してふっくら+もちもち感”を重視しているのに対して、スマートアルゴリズムは“ふっくら+電気代抑制”といったところでしょうか。

なお、炊飯時の両者の電気代の差は「0.2円」。ただし、圧力名人は基本的な消費電力が高めなので、その点は注意が必要です。

時には「ふっくら+もちもち感」を味わいたいですよね^^ そんな方は「なでしこ健康生活」がオススメ!

保温技術

いつまでも美味しく食べたい!「保温技術」を比較

炊飯器のご飯って、一度で使い切るとは限りませんよね。時間経過とともに味が増すのが「発芽玄米」の魅力ですから、炊飯器が搭載する保温技術は見逃せません。

この点、「なでしこ健康生活」と「CUCKOO New圧力名人」は69~80℃と幅広い温度域を有しています。「酵素玄米Pro2」は69~77℃「酵素玄米LABO」は68~75℃と若干狭い設定です。

温度設定によってご飯の味はかなり違ってくるので、購入後は家庭によって好みの設定温度を探す事になります。当然、選択肢が広い方が私たち消費者にとっては有利なので、「なでしこ健康生活」と「CUCKOO New圧力名人」が一歩リードと言ったところでしょうか。

製造元サービス比較

保証期間

なでしこ健康生活は、なんと5年の長期保証!

性能以外の比較項目として、パッと見て目につくのは、やはり「保証期間」ではないでしょうか。なでしこ健康生活が「5年」という長期間を取っているのに対して、他2製品は「1年」または「3年」です。

炊飯器は保温を含めると毎日24時間使うアイテムだけあり、家電製品の中でも故障しやすいと言われています。当然、この保証期間の長さは気になるポイントですよね。

ただし、なでしこ健康生活の5年は「公式ショップで購入した場合だけ」という事ですので購入先は確認しましょう。※他のルートから購入した場合は、3年保証とのこと

なるべく長い間保証してほしい!と思う方は「なでしこ健康生活」がオススメ!公式ショップで購入すると5年も保証してくれます。
なでしこ健康生活の公式ショップ

生産工程

日本工程が多い「なでしこ健康生活」

続いて生産過程を比較してみましょう。

最近は完成品が日本製であっても、内部に使われている部品は人件費の安い国で作られている事が多いのですが、それでも日本工程が多い製品の方が安心ですよね。

なでしこ健康生活は「企画・設定・検品・出荷」が日本工程であるのに対して、他機種は生産工程のうち多くの部分を韓国が担当しています。韓国の製造業も技術向上を繰り返しており信頼感は増しているものの、まだまだ日本の安心感には及びません。

信頼性を重視するなら、やはりなでしこ健康生活が一番と言うべきでしょう。

メーカーや販売元の信頼性を重視するなら、日本工程が多い「なでしこ健康生活」がオススメですね!
こめこは結構気にしちゃいました。

 

商品レビュー・販売数比較

レビュー数

レビューは横並び。3商品よも好意的

続いて着目すべきは商品のレビュー数。公平を期すために楽天市場で調べたところ、3社の評価値はほぼ同一。どの製品も概ね好意的に受け止められています。

販売数

販売数の多さが信頼に繋がる

ただし、販売実績を比較したらわかるように、「なでしこ健康生活」が最も多くの販売数を有しています。一般的には、統計上同一の評価であっても、評価数が多いものほど信頼性が高いものです。したがって、レビューという観点で見るならば、3機種のうち一番信頼できる製品は「なでしこ健康生活」だと言えます。

発芽玄米炊飯器は安い買い物ではないので、不満を感じた人は遠慮なく評価を下げます。その点を考慮すれば、信頼度が与えてくれる安心感はやはり大きいと言えるでしょう。

 

電気系統比較

電力と電気代

保温電力と炊飯電力、3社の効率を比較

省エネ指向ともいうべき現代社会において、「電気代」は非常に気になるところですよね。

1時間あたりの消費電力は、「なでしこ健康生活」がトップ。26.22Wh/hとかなりの省エネ設計。1時間あたりの電気代も0.71円と他製品よりかなり優れています。これに対して炊飯時の電気代は「酵素玄米Pro2 酵素玄米LABO」が最も消費電力が低い結果となりました。

保温時の電気代については、「なでしこ健康生活」「CUCKOO New圧力名人」が0.6円と優れています。

一般的な家庭では炊飯時間よりも保温時間の方が長いもの。省エネという観点ならば、保温時消費電力を重視する方が多いようです。

コードの長さ

家庭によってはコードの長さは重要です。コンセントとの距離が遠いと長さが必要となりますし、キッチン周りの模様替え時にも便利。なでしこ健康生活は165cmと炊飯器としてはかなり長めのコードを有しているので、地味ながらも嬉しいポイントですね。

電磁波

また、電磁波の影響も見逃せません。特に妊娠中の方が発芽玄米での食事に移行する場合も多いのですが、その妊娠中の方は特に電磁波は気になりますよね。

3機種とも日本政府が求める電磁波の安全規格はクリアしているものの、一般的にはIH炊飯器よりマイコン炊飯器の方が電磁波が少ない傾向にあります。

健康志向の方は絶対きになる電磁波!!IH炊飯とマイコン炊飯の電磁波の違いとは

IH炊飯器は、電子力を使って高温にしていますが、電磁波の影響面から「なでしこ健康生活」ではIH機能を採用していないのです!
そのため「なでしこ健康生活」他のIH炊飯器の約1/133しか電磁波が発生しません!

■「なでしこ健康生活」とIH炊飯器との電磁波比較

消費電力 炊飯20分後における電磁界(ICNIRP) 注目
なでしこ健康生活 890W 0.4% なでしこ健康生活に比べICNIRP(電磁界の値が133倍も発生)
IH炊飯器 1040W 53%

家電製品の電磁波調査は専門機関でないと正確な調査ができません。
電磁波の外部からの侵入を遮断した専用のシールドルームにて内部からの漏洩を低減・遮断するために、主に金属製の板や金網、導電性材料などで部屋全体を覆い囲んだ環境で調査を行います。

「なでしこ健康生活」は、他社製品に負けない国内最大級の1.8の超高気圧、118℃という沸騰温度の超高圧炊飯で炊き上げるから、お米の芯まで高い熱が届くので、甘みのある”もっちり”玄米ご飯が炊き上がります。(白米早炊きなら、なんと約1.9分(2合の場合)の短時間調理も可能。)
また、IH炊飯器は電気代も高くなりますので、その点でもマイコン炊飯を推奨しています。

時々、「IH炊飯器でも電磁波が少ない」と書いてあるサイトがありますが、そのような話は全くのウソ。
IH炊飯器よりもマイコン炊飯器の方が電磁波が多いということは無いので、電磁波が気になる方は確実にマイコン炊飯器です!注意してくださいね。

知っていますか?IH調理器の危険性

IH調理器からは強烈な有害電磁波が出ています。電磁波は”人類最後の公害”と言われています。
人工的な電磁波は、強い発ガン性、ガン成長促進、胎児異常・奇形、成長細胞を阻害、神経ホルモン異常、生活リズム混乱、学習能力低下などの有害な被害をもたらします。
IH調理器は約30cm離れても被ばくします。そして、妊娠した女性が毎日、IH調理器のある台所に立つと最悪5.7倍流産リスクが増すのです。

電磁界は、電気・電子機器に誤作動などの影響を及ぼすことがあり、特に心臓ペースメーカーなどの植え込み式医療機器については、装着者に健康影響が生じる恐れがあることから、装着者や医療従事者、機器製造者などが情報を共有し、影響の防止を努めていくことが重要です。

[注目]IH式炊飯器の科学的根拠の無い虚偽表示情報にご注意ください。チタンが持つカリウムイオンと勇気分子が電磁波を熱エネルギーに変換することはありません。
チタンがカリウムイオンと勇気分子を持っているのとは表現は間違いです。チタンとカリウムイオンは別物で、これらの複合体を用いているとは考えにくく、さらに”有機分子”についても、通常電磁波を熱エネルギーに変換するために使うことはありません。
特にIH式炊飯器は電磁誘導を使うために磁性体である必要があります。IH炊飯器の内釜の断面構造においては、カリウムイオンはマーブルコートを使っているマーブル(大理石の粉)を指しますが、これはエネルギーの変換効率ではなく、耐久性の問題になります。
そして、有機分子はフッ素コーティングを指しており、これもエネルギー効率には関係ありません。
理学研究機関研究員による分子解析調査レポートより

電化製品にはつきものと言ってもいいくらい気になるのが電磁波ですね。
どうせ購入するなら健康被害が少ないように、電磁波も少ない方がいいに決まってます。この電磁波を気にする方には確実に「なでしこ健康生活」がオススメです!!それ以外考えられません!!

こちらの記事を拝見して、電磁波の悪い影響を再確認しました。
電化製品を購入するときはぜひ気にしたいですし、皆様もチェックして購入しましょう!

発芽玄米炊飯器比較まとめ

総合的に見て、「なでしこ健康生活」が優れていると感じた方が多いのではないでしょうか。実際に比較検討すると、多くの項目で優れた性能を示していることがわかります。

優れた炊飯技術と省エネ設計に加えて、長期保証などの手厚いサービスに守られた素晴らしい炊飯器です。美味しい発芽玄米を長く食べ続けたいという方には、「なでしこ健康生活」を強くオススメします。

実際に「なでしこ健康生活」を購入

今回は「なでしこ健康生活」の購入から実際に使うまでの様子を、徹底レビュー

  • どうして公式ショップがお得なのか?
  • 自分で発芽玄米を炊くのと何が違うのか?
  • 本当に手軽に発芽玄米を楽しめるのか?

などなど、みなさんが不思議に感じている部分にズバッと迫っていきたいと思います。美味しく手軽に発芽玄米を楽しみましょう!

「なでしこ健康生活」は公式ショップで買うのが1番お得

実はなでしこ健康生活、公式ショップ以外にも色々なサイトで売られています。人気商品だからか、時々フリマサイトでも転売されているんです。

わたし自身が購入するときも、「できれば安い方がいいかな~」と考え、色々探しちゃいました。ちなみに、わたしが購入するときに悩んだ候補は、以下の3つです。

「なでしこ健康生活」公式ショップ 59,800円(税別・送料無料)
某大手ネット通販会社 59,800円(税別・送料約800円)
大手フリマサイト 57,000円(税込・送料約1,000円)

価格そのものはやや横並び感がありますよね。フリマサイトは若干お得ですが、送料がかかる上に保証期間がゼロ。すぐに壊れてしまったら泣き寝入りです…。正直、色々悩んでしまいました。

公式サイトの購入特典が魅力的

結局、わたしは「公式ショップで購入」することに。理由は、色々な条件を比較して行くうちに、”公式ショップが一番お得”と感じられたからです。

と言うのも、なでしこ健康生活を公式ショップで購入すると、とってもお得な2大特典がついてくるんですよ。

  • 生きている玄米(5kg)玄米酵素ブレンド150g天然塩50gがついてくる!
  • 通常3年保証のところが、公式ショップで購入すると5年保証に!
  • 書籍はじめての酵素玄米or「「玄米」のエビデンス」ももらえる!

どれもかなり有益な特典です。特に5年保証はありがたい

と言うのも、なでしこ健康生活は高価な商品です。すぐ壊れてしまったら後悔しても追いつきません。その点、5年保証してくれるなら安心です。

また、プレゼント特典を調べてみると、その価格は約1万円。上質なお米もついているワケで、これは付録とは言えないほどの豪華さです。

さらに「はじめての酵素玄米」は炊飯器の専用ガイドブックとして、玄米の知識、炊飯器の詳しい活用方法、酵素玄米レシピなどがたくさん載っており、他社製品にはない、キメの細かいサポート本ですので、発芽玄米炊飯器「なでしこ健康生活」を買うならぜひ持っておきたい書籍です!

ちなみに私は、炊飯器購入の前に「はじめての酵素玄米」を購入していたので、プレゼント特典では「「玄米」のエビデンス」を選びましたー^^
「はじめての酵素玄米」の購入はこちらから

結局、個人的には公式ショップ以外で購入するメリットは感じられませんでしたね。

詳細はぜひ公式ショップページをご覧ください。

「なでしこ健康生活」が到着!

続いて、到着後の梱包などを見て行きましょう。

まず配送についてですが、注文後数日で商品は到着。大手通販会社のようなスムーズさです。

また、梱包は以下の通り。大きな段ボールの中に、「なでしこ健康生活」本体と「特典商品一式」が含まれていました。

玄米は5キロもあるので、結構大きいです。また玄米酵素ブレンドや天然塩までついていて、実際に目にすると予想以上のボリューム感。”おまけ”とは言えないレベル豪華セットです!

一番重要な商品の方は、当然ですが下記のようにしっかりと梱包されて届き、早いだけでなくとても安心な対応です!

「なでしこ健康生活」で初めての発芽玄米酵素ご飯を炊飯!

さて、いよいよ炊飯に入るわけですが…なでしこ健康生活の使い方をひと言で表現すると「超カンタン」です!実際の流れを写真を交えてご紹介しますので、一緒に見て行きましょう。
<h4>ステップ1 内釜に玄米と水を入れる

まぁ、基本ですよね。なでしこ健康生活の内釜に玄米とお水を入れて、炊飯の準備をします。内釜にはお水の量がきちんと目盛付けされているので、わたしたちはラインにそって入れるだけ。

普通のお米を炊くときと全く変わらない感覚です。
事前の準備は玄米と塩と酵素ブレンドのみ!
ところで、普段から発芽玄米を作り慣れている方は、「えっ!?」と思いませんでしたか?

そう、通常の発芽玄米は炊飯する前に、1日~2日ほど水に晒して発芽させなくてはいけません。ところが、なでしこ健康生活の場合は事前準備がなんと不要。準備した「玄米」と「塩」と炊飯器購入の際に特典としてついてきた「玄米酵素ブレンド」をそのまま炊飯器に入れるだけで良いんです。それだけで発芽玄米酵素ご飯が炊けるんです!便利ですよね~。

理由は簡単。なでしこ健康生活そのものが玄米の発芽環境を整えてくれるので、わたしたちは炊飯器に任せきりにするだけなんです。

もちろん、面倒な水交換や時間管理も必要ありません。全自動です!

ステップ2 炊飯のモード設定を行う

2時間、発芽玄米モードの設定画面

さて、次はなでしこ健康生活のモードを「発芽」モードにセット。炊飯器本体の中で発芽を行います。ちなみに、なでしこ健康生活には「音声ガイド」がついているので、操作に迷う心配はありません。

  • 現在のモードや必要な設定を教えてくれる。
  • 蓋やロックが開いていると炊飯前に注意してくれる。
  • 炊飯完了までの進捗状況を報告してくれる。

本当にこまめに知らせてくれるので、なんだか一緒に料理しているかのような気分が味わえます。使えば使うほど、愛着がわいてくる炊飯器って感じです。

本当に簡単にできる「なでしこ健康生活」での炊飯ですが、もっと細かく知りたい方は公式サイトに方法が整理されていたので、そちらも是非ご覧ください。
発芽したて玄米酵素

発芽時間も自由自在
ちなみに、「発芽」モードにセットすると2時間~6時間の間で発芽時間を設定できます。通常は6時間がオススメですが、時間がない時は2時間でもOK。炊飯器の中で成育環境を整え、効果的に発芽を促してくれるんです。

ステップ3 完成

炊飯ボタンを押したあとは、ただ待つだけで完了です。「発芽」モードセットで炊飯した時は、発芽時間の満了と同時に「炊飯」モードに切り替わります。

わたしたち人間は特別な操作をする必要が一切ありません。まるでAIがご飯を炊いてくれているかのような感覚。

ふっくらもちもち~っとした発芽玄米の出来上がり♪

ただ水とお米を入れただけとは思えない炊き上がりですよね。なでしこ健康生活は、発芽から炊飯まで一手に引き受けてくれる万能炊飯器。本当に素晴らしいですよ。

「なでしこ健康生活」のレシピなど紹介動画もありました!!

芽玄米炊飯器 美と健康づくりのための炊飯器「なでしこ健康生活」PR動画フルバージョンです。ABCクッキング監修のレシピ動画が付いております。

もっちり玄米の作り方

「なでしこ健康生活」をご購入された方の声

 

最後に

今回はレビューを通じて、なでしこ健康生活の実力と魅力に迫ってみました。今まで使った炊飯器たちの中で、間違いなく一番優れている炊飯器です。

  1. 面倒な下ごしらえは全部ナシ!スイッチを入れるだけで発芽玄米の出来上がり!
  2. 音声ガイドで完璧炊飯。誰が使ってもふっくらモチモチ♪
  3. 公式ショップなら豪華特典。玄米セット+5年保証

なでしこ健康生活の特長をまとめると、上記の通り。いくらレビューしてもし足りないほど優れているんで、本当にオススメです!

みなさんも「なでしこ健康生活」を購入して、快適お料理ライフを過ごしてみませんか? 発芽玄米が持つパワーで、心も体もキレイになりましょう!